近視の予防と改善・対策室

近視を予防するための視力低下の対策や、視力アップトレーニングの方法、疲れ目対策などを解説しています。

近視の予防法の秘訣がわかる!

近視の予防と改善・対策室へようこそ!

当サイトでは、多くの人にとって、ますます身近な悩み・問題となってきた視力低下の現状と改善法を取り上げ、いかにして近視を予防していくかを解説しています。

視力低下の症状は、パソコン作業を余儀なくされる大人だけではありません。幼稚園児の幼児や、小学校低学年の子供にまで、視力の悪化はおよんでいるのです。

小児・子供の年代は、脳と眼球は未完成であり、近視のほかに遠視、斜視、弱視、両眼視機能の問題もあり、大人以上に視力低下の症状は深刻です。自治体の3歳児検診や学校検眼などで、早期発見・早期対処が求められます。もちろん近視の予防と改善の対策も欠かせません。

中学生・高校生・大学生といった学生も成長期にあるため、視力の変動は激しいものです。そのため18歳以下(クリニックによっては20歳以下)は、レーシック手術が不適応になっているわけですね。20歳くらいまでは近視は進行していくといわれています。これは成長に伴う眼軸の伸びが原因です。

ところがパソコン作業あるいはゲーム機の普及にともなって、30代、40代になっても急激に視力低下が進行していくことがあります。これは、まさに近くの見すぎの結果であり、現代病ともいえるでしょう。

近視の予防は、遺伝や成長もからむため、一概には言えませんが、できるところから視力低下の対策をとるしかありません。つまり見る対象との距離の問題や眼の疲れをいかに解消していくか、という観点です。環境を変えることによって、近視の予防は可能なのです。

近視予防のコツは、定期的に目を休ませることに尽きます。単に目を閉じるだけでも、もちろん視力改善に効果的ですが、大事なことは、それとともに目の筋肉を動かすことです。スポーツ選手でも、疲労したからといって、そのままにしませんよね?軽くジョギングで整えたり、ストレッチをして筋肉を伸ばしてメンテナンスするはずです。

目は実は、多くの筋肉で構成されています。
光を取り込む虹彩筋、水晶体の厚みを変える毛様体筋、眼球を移動させる役割の外眼筋(眼球移動筋)。ベイツ説では、外眼筋が眼球自体の形を変えて、遠近にピント調節をしているともいわれています。目の筋肉は、筋肉であるかぎりは、体のほかの筋肉と同様に鍛えることができるのです。

目の筋肉をトレーニングする視力回復訓練は、目の血行をよくし、少々のことでは疲れ目にならない防波堤を作ることになります。眼精疲労を予防できるのです。

近視の予防と改善は可能です。
また、有効な近視の対策というものは存在しています。当サイトが、皆様の快適な視界を維持するために、少しでもお役に立てれば幸いです。
>> あなたの近視を予防し、視力を回復させる方法はこちら
子供用の視力回復教材はこちら

子供の視力回復の応援・・・子供の視力低下は、思いのほか早く進みます。 近視を進行させないポイントとは?視力の矯正・・・ポイントは生活習慣の改善と適切なトレーニングです。 強度の近視・・・屈折性の次の段階が軸性です。 視力が良くなるヒント・・・血行をよくする目のツボ指圧や、眼筋トレーニングなど。 視力改善法・・・自分にもっとも合ったものを選びましょう! 近視の治療法 視力回復は自宅で実践!

近視の予防方法と、視力低下を防ぐコツ