近視の予防と改善・対策室

近視を予防するための視力低下の対策や、視力アップトレーニングの方法、疲れ目対策などを解説しています。

サイトトップ > 3Dで視力回復する本やソフト〜平行法や交差法

3Dで視力回復する本やソフト〜平行法や交差法

3Dの視力回復法が、今人気をよんでいます。

たとえば本屋に行けば、3Dアートの立体視ができるマジカルアイとかマジックアイ・エクササイズという視力回復の本がけっこう並んでいます。種類もたくさんあり、風景編だったり、動物編だったり、美しいCGのイラストだったり・・・。3dの視力回復法は、もともとは同じ2枚の写真を並べて眺めるステレオグラムが元になっていますが、最近では、1枚の絵を使って立体視もできるようになっています。

3Dの視力回復訓練では、平行法と交差法という二つの眼の使い方をします。平行法とはその名のごとく、目を平行になるようにします。遠くを見るような目ですね。近視の人は、遠くを見ることが少ないので、平行法を近視トレーニングするといいでしょう。そうすると、近視の進行をストップできる可能性があります。

いっぽう交差法とは、その名のごとく両目を3Dのイラストの手前で交差させるようにする目の使い方で、いわゆる寄り目です。近視の人がこの交差法をすると、急激に視力が低下する危険があるので注意しましょう。交差法という3Dの視力回復訓練は、近くを見ることが苦手な遠視や老眼の人がエクササイズするといいでしょう。

3Dの視力回復法は、本だけではなく、パソコンソフトでも販売されています。いわゆる視力回復ソフトですね。たとえば「目がホリデー」とか「ストレッチアイ」などです。

目がホリデーを使った3Dの視力回復法は、パソコンならではの機能を使えるので、とても便利です。たとえば画像を拡大・縮小できます。また癒しのBGMも付属しています。タイマーをセットしておくと、その時間になったら自動起動して、半強制的に目を休める習慣がつきます。パソコン作業は近視の原因となることが多いですが、今やパソコンで視力向上もできるわけですね。

ただしこういった3Dの視力回復運動は、幼稚園児や小学生の仮性近視の視力回復に有効な程度です。大人の進行した近視を視力アップさせる力は持たないと見てよいでしょう。せいぜい疲れ目の解消、眼精疲労対策、近視の予防として、お使いください。

メインの眼筋トレーニングをしっかり実践した上で、モチベーションを保つために調味料のように活用することが、3Dの視力回復法の賢い使い方だと思います。

近視を防ぐ方法とは一覧