近視の予防と改善・対策室

近視を予防するための視力低下の対策や、視力アップトレーニングの方法、疲れ目対策などを解説しています。

サイトトップ > アントシアニンと眼精疲労対策〜ブルーベリーで疲れ目解消

アントシアニンと眼精疲労対策〜ブルーベリーで疲れ目解消

アントシアニンが眼精疲労に効果があるということを、よく聞きます。それはどのような原理によるのでしょうか?

まずアントシアニンとは、ポリフェノールの一種で、植物から取れるファイトケミカルです。植物はつねに太陽の紫外線にさらされているので、細胞が酸化しないように、強い抗酸化物質を蓄えているわけです。アントシアニンは紫色の色素です。

眼精疲労に効くアントシアニンは、ブルーベリーやビルベリー、カシス、紫キャベツ、赤ワインなどに含まれています。野生種のブルーベリーであるビルベリーには、ブルーベリーの何倍ものアントシアニンが含まれているといわれています。

アントシアニンは眼精疲労に効果的ですが、眼球自体にとって欠かせない大切な栄養素です。

ものを見るときは、光が網膜の視物質であるロドプシンに当たり、ロドプシンが分解します。これが電気信号となって、脳まで送られていきます。ロドプシンは分解すると、再合成して、次の分解に備えるようになっています。

ところがパソコンの強い光を見続けていると、ロドプシンの再合成が追いつかずに、目がチカチカして、眼精疲労を起こすことになります。正確には目の疲れですね。眼精疲労とは、睡眠を十分にとっても取れないほどの、目を中心とした心身の不調をいいます。

そこでブルーベリーやビルベリーの視力回復サプリメントを摂取すると、ロドプシンの再合成を促してくれます。そのためアントシアニンが眼精疲労に効果的といわれているのです。眼背疲労がひどい人は、より多くアントシアニンが含まれているビルベリーがおすすめです。

網膜の視細胞であるロドプシンの素材は、ビタミンAです。
そこでビタミンAをしっかり摂ることが大前提となります。そのうえでアントシアニンを摂取してこそ眼精疲労に効果があるといえます。

アントシアニンにはロドプシンの再合成を促進する効果のほかにも、さまざな健康効果があります。ビタミンCを上回り、かつビタミンCを助ける抗酸化作用により、水晶体や黄斑部の酸化変性を防ぐことができます。そのため白内障や黄斑変性症といった眼病の予防になります。アントシアニンは眼精疲労対策以外にも、目の病気対策となるのです。

糖尿病網膜症は、網膜の血管がもろくなって、浮腫ができたり出血したりします。そのことによって新生血管ができて、網膜や硝子体で眼底出血をおこす深刻な糖尿病の合併症です。ブルーベリーなどからアントシアニンを摂取すると、網膜の血管を強化するので、糖尿病の人は、網膜症の予防になるといわれています。

抗潰瘍作用があるため、角膜潰瘍などを予防できます。
コンタクトレンズを装用している人にとっても、不可欠な成分になりますね。もちろんアントシアニンの抗酸化効果は、眼だけではなく全身におよびます。生活習慣病を予防する効果があるのです。

アントシアニンの摂取には循環改善作用、脳血管障害の予防効果も期待できます。アントシアニンは眼精疲労の予防・改善にとどまらず、このように目の病気、全身の疾患に、高い効果がある貴重なサプリメントといえます。

パソコン作業やゲーム機による、急激な視力の低下が問題になっている現代社会。アントシアニンは眼精疲労の予防や改善に効果があるわけですから、幼児や小学生の仮性近視を視力回復させる効果が期待できるかもしれません。学校検眼でB判定やC判定、D評価を受けた親御さんは、子供にアントシアニンを含有するブルーベリーやビルベリーの視力サプリメントを飲ませるといいかもしれませんね。

近視を防ぐ方法とは一覧